直視下反転剪除法はワキガ手術で最も信頼性の高い手術です

ワキガの手術ってどうやるの?ヘッダー

直視下反転剪除法とは

ワキガ手術の方法はいくつかありますが、その中でもポピュラーで最も確実にワキガが治る手術として有名なのが直視下反転剪除法(ちょくしかはんてんせんじょほう)で行います。

直視下反転剪除法ではワキのシワに沿って3〜5cmカット、カットした皮膚を反転させて、ワキガ臭の原因であるアポクリン腺をハサミで丁寧に切除していくやり方です

価格も2万円程度と良心的なことや、ワキガが一発で確実に治るということでワキガ手術の中でも人気のある手術方法です。

手術時間は片ワキ1時間程度で終わり、入院の必要もありません

直視下反転剪除法のメリット

◆傷跡が残りずらい
◆一回の手術だけで済む
◆保険が適用されるのでリーズナブル
◆効果が実証されている
◆再発の可能性が極めて低い

直視下反転剪除法が支持されている一番の理由は一発でワキガが治るという効果の高さにあります!

ワキガの手術なんて好きでやる人なんていないと思いますし、高いお金を払ってワキガの手術をしても、再発してまた手術を受けるなんて考えただけでも気が滅入りますよね。

直視下反転剪除法ではワキガの原因であるアポクリン腺を医師が目で見て一本一本カットしていくからこそ、ワキガが一発で治るという効果の高さが期待できるわけです。

また、他のワキガ手術とは違い直視下反転剪除法では保険が適用されるので手術費用を安く抑えられるという点もメリットの一つとなっています。

直視下反転剪除法のデメリット

◆医師のスキルによって効果が変わる
◆7〜10日間ワキに包帯をする必要がある
◆通院(2〜3回)の必要がある

直視下反転剪除法は手術自体は一度で済みますが、その後通院の為、2~3回クリニックに足を運ぶ必要があります。

また、手術後にはワキの下に結構いかつい包帯がグルグル巻きにされます。

パーカーやトレーナーなどを着れば包帯は目立ちませんが、夏場はちょっと大変ですね。
連休を利用して手術を行うなどの工夫は必要になるでしょう。

そして、直視下反転剪除法の一番のデメリットは実際に医師がワキをカットするので、医師のスキルによって失敗したり成功したりします。

直視下反転剪除法の実績のあるクリニックで手術を行ってもらうようにしましょう。

金額

名前時間金額
吸引法20分83,333円
直視下剪除法40分女性 125,000円~175,000円

男性 125,000円~225,000円

保険診療30分約2万円前後

 

直視下反転剪除法まとめ

直視下反転剪除法のメリット、デメリットもあわせてご紹介しましたが、それでも直視下反転剪除法がワキガ手術の中では一番効果が高く、なおかつ費用も安いという事でワキガ手術においては一番人気のある手術方法となっています。

ワキガの治療だと手っ取り早く市販のデオドラント剤(塗るタイプのワキガの薬)がありますが、デオドラント剤ではアポクリン腺を除去することはできないので、ワキガの匂いをごまかしているに過ぎません

やっぱりワキガを本当に治そうと考えるならアポクリン腺の除去が必要だということで、結局は手術が一番手っ取り早くワキガが治せる方法となります。

なるべく回り道をせず、直視下反転剪除法で一発で治してしまうことをおすすめします。