ワキガ手術の種類~一発で治す方法~

ワキガを治す方法は手術しかない

世の中にはワキガを治す商品としてたくさん市販されていますよね。

しかし、残念ながら薬でワキガは治りません

というのも、ワキガというのはワキの下にあるアポクリン腺から出る汗が肌の雑菌と混ざって独特のワキガ臭を発生させる為で、薬ではこのアポクリン腺の除去はできないからです。

よく理解しておかなければならないことは、ワキガ対策商品はワキガを治す為の商品ではなく、ワキガ臭を抑える為のものです

従って、ワキガを治すには臭いの原因であるアポクリン汗腺の切除をする手術が必要になります。

剪除法(せんじょほう)

ワキガの手術において最もポピュラーな手術で最も確実にワキガが治る手術だと言われています

剪除法では、ワキの下のシワに沿って3cmほどカットし、ワキガ臭の原因であるアポクリン腺を一つ一つ丁寧に切除していく手術方法です。

ワキガを治す手術としては一番適した手術方法ですが、ワキの下をカットするのでしばらくの間手術痕が残ります。

費用は、自由診療(保険が適用されないこと)では30万程度かかるのが相場で、保険が適用するクリニックであれば2〜3万円で行えます。

皮下組織吸引法

ワキの下に細い管を通して、脂肪吸引のようにワキガの原因であるアポクリン腺を吸い取っていく手術方法です。

ワキを少ししかカットしないので傷口が目立たず、ワキガ治療が行える点がメリットになります。

皮下組織吸引法のデメリットは小さいアポクリン腺などを見つけられずに残ってしまい、結局ワキガが再発してしまう可能性が高いことですね。

先生のスキルが大切になる難しい手術です。

費用は15万円程度が相場になります。

超音波吸引(治療)法

超音波吸引法では皮下組織吸引法のようにワキの下に細い管を入れて、その管から超音波を発生させてアポクリン腺を内側から破壊してから吸引していく手術方法です。

ただ吸い取るだけじゃないので、ワキガの治療という観点からは高い効果を発揮しますが、やはり難しい手術になりますので皮下組織吸引法のようにアポクリン腺が残ってしまう可能性があり、ワキガが再発する可能性もあります。

成功すれば、傷口も目立たないし再発の可能性も少ない手術ですが、難しい手術である為に、先生のスキルが絶対条件です。

費用は20万程度が相場になります。

皮下組織削除法

皮下組織削除法ではワキの下を1cmほどカットし、カミソリ付きローラーで内側アポクリン腺を切除していく手術方法です。

成功すれば傷口も小さいし、アポクリン腺も確実に切除できるので効果は高いです。

しかし、ワキガ手術の中では一番難しい手術で、カミソリ付きローラーで余計に皮膚を傷つけてしまう可能性もある手術です。

費用は20〜30万円程度が相場になります。

どの手術にも一長一短があります。

手術のリスクも考えて行動するようにしましょう。

ミラドライ法

ワキガ手術方法の中で最新の治療法がミラドライ法になります。

ミラドライ法が画期的なのは、上記で紹介した手術法とは違い肌をカットせずにアポクリン腺を除去出来る点にあります。

手術方法は、マイクロ波をワキに当てて肌の外側からアポクリン腺を破壊していきます。

痛みもほとんどなく、術後にヒリヒリすると言った程度です。

ただ、ミラドライ法も先生が目視してアポクリン腺を確認できないことから、アポクリン腺が完全に除去しずらい点がデメリットになります。

費用は30〜40万円程度です。

剪除法がおすすめ

上記で5つのワキガ治療の方法をご紹介しましたが、その中でも剪除法が一番おすすめです

超音波吸引(治療)法や皮下組織吸引法でもワキガを治すことは出来ますが、確実に一回で治したいなら剪除法です

理由は、超音波吸引(治療)法や皮下組織吸引法もアポクリン腺を確認(目視)する事ができませんが、剪除法では医師が目で見てアポクリン腺を一本一本切除してくれるからです。

必然的に剪除法では医師の経験が一番大切になってきます。

料金も保険が適用されるクリニックで手術を行なえば、2万円程度で行なってもらえます。

コスパの面から見ても、ワキガを治すには手術、その中でも剪除法が一番おすすめです^^

ワキガ手術の種類まとめ

ワキガ手術の種類をご紹介しましたが、それ以外にデオドラント剤やボトックス注射、飲み薬などによって治療するやり方もあります。

ただ、手術以外の方法は汗の量を減らしてワキガ臭を抑えるというやり方で根本的なワキガ解決の方法とは呼べません。

まだ発達段階の未成年者であれば、汗の量を減らす治療方法がおすすめですが、成人されている方であれば迷わず手術をおすすめします。

中でも剪除法は保険が適用されますし、おすすめです。