脇毛を抜くと(脱毛)ワキガは治るのか?

脱毛してもワキガは治りません

脇の脱毛をするとワキガは治るのか?という、都市伝説的な噂を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、結論から言ってしまうと脇の脱毛してワキガにはなりません

というのも、ワキガの原因はアポクリン腺という体の腺から出る汗が原因だからです。

アポクリン腺から出た汗には、鉄分や脂肪、アンモニアなどが含まれていて、その汗が皮膚の雑菌と混ざってワキガ特有の臭いを発生させています。

ワキガを治すためにはこのアポクリン腺を完全に除去する必要があるわけですが、脱毛をしてもアポクリン汗腺が減ることはありません。

反対に脱毛をしてもアポクリン腺は増えもしないので、当然ワキガにもなりません

レーザー脱毛によってワキガ臭が軽減することはある

上記のように脱毛とワキガには因果関係はないわけですが、レーザー光線によって脱毛するレーザー脱毛によってワキガが軽減することはあります

レーザー脱毛はレーザー光線を毛根にあてて毛根組織を破壊して毛を抜く脱毛方法ですが、毛根組織を破壊するので汗の出る量が減るので、ワキガ臭を抑えてくれることがあります。

とは言っても、ワキガの原因であるアポクリン腺を全て除去できるわけでもなく、ましてやアポクリン腺を狙ってレーザー光線をあてているわけでもないので(アポクリン腺は皮膚の表面からは見えません)、ワキガを完治させることはできません。

レーザー脱毛によってワキガが軽減することはありますが、単なるマグレです。

レーザー脱毛とワキガには関係性はありません

レーザー脱毛とは、レーザー光線を毛根に向けて照射する事で組織を破壊して毛を脱毛していく方法ですが、ちまたでは『脇のレーザー脱毛するとワキガが治る』という噂もあります。

しかし、残念ですがレーザー脱毛してもワキガは治りません。

というのも、ワキガの原因はアポクリン腺という汗が出る腺にあるからです。

このアポクリン汗腺がある人をワキガと言いますが、レーザー脱毛をしてもこのアポクリン腺は増えたり、減ったりしないからです

反対に言うと、脇のレーザー脱毛をしてもワキガになったりしないという事です。

レーザー脱毛によって脇汗の軽減に繋がる

しかし、レーザー脱毛の副産物として、毛根を破壊するので脇汗が減ると言う嬉しい副産物があります。

現在ワキガ、もしくは体臭が気になる方であれば、レーザー脱毛をすることによってワキガ臭や体臭が軽減します。

とは言っても、ワキガ臭の除去や体臭の軽減はあくまでも副産物的な効果にしかすぎないので、ワキガの人はしっかりとワキガの為の治療をする必要があります。

ワキガの治療には手術しかない

レーザー脱毛によってワキガ臭が抑えられることはあっても完治することはありません。

やっぱりワキガを完全に治したいとなると手術しかありません。

「手術」なんて聞くとちょっと恐くなってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ワキガの手術は片脇1時間程度で終わり、費用も保険が適用されるクリニックで行えば2万円程度で済みます^^

そしてレーザー脱毛と一緒でワキガの手術も基本的に一度手術してしまえば再発することはありません。

脱毛で治すとかよりも、時間的にも経済的にもおすすめな方法です^^

ワキガと脱毛まとめ

脱毛によってワキガが軽減されることはあっても完治することはありません。

脱毛は脱毛と考え、ワキガの疑いのある人は割り切ってワキガの治療にあたりましょう。

ワキガはアポクリン腺の数によって、その匂いの強度が変わってきます。
アポクリン腺が多い人ほど臭いがきついというわけです。

脱毛は女性にとってエチケットでもありますので、欠かすことはできません。

是非とも、脱毛後にワキガの治療にも励んでください。