ミラドライを検討しているあなたへ

ミラドライとは

通常、ワキガの手術では脇の下をカットしてワキガ臭の原因であるアポクリン腺を一本一本切除します。

しかし、この方法は手術跡が完治するまでに3ヶ月ほどかかるうえに、手術後には脇の下を包帯でグルグル巻きにされるので生活に支障をきたすこともあります(手術当日のみ)。

そこで脇の下をカットせずにアポクリン腺を除去する方法がミラドライ法です。

ミラドライ法では、肌の上からマイクロ波をあてて皮膚の下にあるアポクリン腺を破壊していきます(一度破壊されたアポクリン腺は再生しません)。

手術時間も20分〜30分と短く、肌をカットしないので肌への負担が一番かからない手術方法になります。

しかし、ミラドライ法は医師がアポクリン腺を見る事ができないのでワキガが再発する可能性がある手術方法になります。

また、保険が適用されないので費用も35万円程度とワキガ手術の中では一番高額な手術になります。

ミラドライ法は経済的に余裕のある方で2〜3回の手術を頭に入れている方にはおすすめです。

ミラドライのメリット

ミラドライの一番のメリットは肌をカットすることなくアポクリン腺を破壊できる点にあります

肌をカットしないので傷跡が残る心配もありませんし、ダウンタイムと言われる手術後から肌が元通りになるまでの時間が短い事もメリットにあげられます。

手術時間も20〜30分と短く、入院の必要もありません。

ミラドライのデメリット

ミラドライのデメリットは手術費用が他のワキガ手術と比べて大きくなります(だいたい35万円程度)。

手術費用がかさむ理由は、保険が適用されないからです

また医師が目で見てアポクリン腺を破壊できないので、一度の手術では完全にアポクリン腺を破壊するのは難しいです。

いわゆるワキガが再発する可能性があるということです。

ミラドライと他のワキガ手術を比べてみて

ミラドライは既に日本で7000人以上の人が手術を受けていると言われています。

その効果も実績もありますが、やはり医師が目でアポクリン腺を見れないのでどうしても完全にアポクリン腺を破壊できません。

また、費用も比較的大きい額になるのでそう何度も行えません。

確かに肌をカットしないので傷跡の心配もありませんし、心理的には楽ではありますが、それでも再発しては元も子もないというのが私の持論です。

であれば、私が受けた完全摘出法で一度の手術で完全にワキガを治療した方が良いと考えています。

確かに完全摘出法では肌を3cmほどカットするため、どうしても傷跡が落ち着くまで3ヶ月から半年程度かかりますが、それでも再発のリスクは限りなく抑えられます。

また私がお世話になった池袋サンシャイン美容外科では保険も適用されるので2万円程度(片脇)の費用でワキガ手術を行ってくれます。

ミラドライにもメリット、デメリットありますし、完全摘出法にもメリット、デメリットあります。

ワキガを一度の手術で治したい方には

では、ワキガを一発で治したい方には私が受けた直視下反転剪除法(ちょくしかはんてんせんじょほう)をおすすめします。

直視下反転剪除法では、脇の下をシワに沿って3センチほどカットし医師が目で見てアポクリン腺一本一本切除していきます。

その為、手術時間も一時間ほどかかりますが一番再発の可能性が少ない手術法になります。

また私おすすめしている池袋サンシャイン美容外科では保険が適用されるので費用も2万円程度とかなり安く抑えられます。

手術跡が目立たなくなるまでに3ヶ月ほどかかりましたが、何度もクリニックに通わなくていいし、肌の露出の少ない秋から冬にかけて手術を行えば、手術跡を誰かに見られる事もありません^^

ミラドライ法は肌への負担が少ないですが、再発の可能性が高いです。

直視下反転剪除法では手術跡が目立たなくなるまでに3ヶ月ほどかかりますが、一発で治ります。

一概にどちらが良い、悪いは言えません。

ミラドライ法、直視下反転剪除法どちらにしても口コミなどで信頼できるクリニックを選ぶ事が大切です。